Jun 5, 2017

Session J-10: Readability Matters, Insist on Human Touch to Stay Competitive Presented by Naoko Uchida

Summarized by Rika Mitrik

ローカリゼーション分野でコンテンツの和訳を手掛ける内田順子さんが訳質の問題がどのような経緯を経て出てくるのか事例を挙げながら説明してくれました。誤訳ではないけれど、ターゲット言語である日本語では不自然な表現がいくつもの工程を経た後でも残ってしまうのはなぜなのでしょうか。

望月先生のご出身地は?

By Rika Mitrik

父が暖かい海で育つエビの研究に携わる海洋学者だった関係で、3歳まではフィリピンで育ちました。その後は鹿児島へ移ったのですが、両親共に他県の出身だったせいか、鹿児島弁を話すこともありませんでしたし、中学からラ・サール学園の寮へ入ったせいで鹿児島への帰属意識があまりなく、人に聞かれると「東京出身」と答えています。父とは長い間離れて暮らしたのですが、その分、母とは仲が良かったでしょうか。3歳年上の兄も私が9歳の時に寮に入って以来、別々に暮らしているので、あまり家族の絆が深い方ではないかもしれませんね